介護疲れを感じたら危ない兆候
自分の時間を作ってリフレッシュ
介護疲れの相談はあさがおで
あなたのための時間が大切です
疲れ

疲労を自覚したときは危険信号

やる気が出ない、些細なことで涙が止まらない、寝ても疲れが取れない、体がだるいなどの変化は感じていませんか?

こんな症状が出て初めて「疲れている」と自覚しますそして多くの方が疲労に気が付くのは重症になってから、自分の限界に気付くのです。

疲労の初期段階にある症状としては注意力散漫となり時間、予定を間違えたり忘れ物が多くなる、物を落とす、朝起きれない、計算、本を読むことが面倒になる失敗が増え自分を責める「自分はダメな人間だ」と落ち込み負のスパイラルに入っていきます。

 

疲労のサインはイライラ、怒鳴ったり感情的になる

介護者の多くが優しい態度をとれないと「私はひどい人間だ」と自分のことを責め「もっと頑張らなきゃならない」と無理に無理を重ねます。

今までやってきた介護の作業が辛い、いやになったとき介護疲れが影響しています。さらに進むと感情や感覚がマヒし介護うつへの可能性もあります。

癒し癒し
お気軽にご相談を
小さな意識で疲労の蓄積を防ぎましょう
介護者のリフレッシュにもお付き合いいたします
Point
1

軽い運動や日光浴、五感を刺激したり、心地よいと思う体験をを増やす、自然に触れる

介護者のリフレッシュもお付き合いいたします

Point
2

一人になる時間を作る。30分だとしても自分のために使える時間があることでリフレッシュできます 散歩、仮眠など小さなことが大切です、

 

介護者のリフレッシュもお付き合いいたします

Point
3

家族以外の人との交流も大切です。いろんな人に囲まれいろんな方法があるからです。

介護者のリフレッシュもお付き合いいたします

ぜひ一度、お気軽にご相談をお待ちしています。

Access

周辺エリアから医療を通して穏やかな生活を送れるようサポートいたします

概要

店舗名 あさがお
住所 東京都練馬区豊玉北5丁目23-7
エミリブ練馬13F
電話番号 080-1835-9363
営業時間 9:00~19:00
代表 木村淳子

アクセス

住まい慣れた地域や街でのご生活を継続していただけるよう、ご自宅でのサポートを承っております。主治医と専門スタッフで連携をしつつ、ご利用者様一人ひとりにあった療養生活をご提案し、安心してお過ごしいただけるよう努めます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事